低コスト・短期間・安全な赤外線診断

迅速かつ安価、危険な場所もドローンで対応

従来の外壁調査は打診棒などで壁面を打診し、その打音の高低などで外壁浮き部の有無を調査する打診法が一般的ですが、足場やゴンドラなどが必要になり設置費用などが診断費以上にかかってしまいます。ドローンを使用することにより、赤外線サーモグラフィでの調査なら、打診法に比べ低コスト・短期間・安全に外壁の調査する事ができます。そして、大規模な設備が不要で、かつ離れた場所から行うため建物のテナント・居住者への負担も最小限に抑える事が可能です。

足場削減でコスト大幅減

マンション等の大型物件の外壁点検をする際は足場やゴンドラを組まなければいけませんが、ドローン調査では必要ありません。足場代は意外と高額なもので、建物の構造にもよりますが数十万円かかることもあります。マンションやビルの赤外線調査は立地の関係で隣のビルから撮影しなければいけないケースもありましたが、ドローンを使えば問題はありません。

急な要望にも対応致します

「足場を組むまでも無いものの、少し気になる・・・」という箇所についても、ドローンであればその場で直ぐに調査可能です。 依頼主様の不安を全て解消できるように、徹底的に調査致します。

早く、安く、そして確実な建物点検のために

ドローンを使った「見える化点検」は建物点検で、大規模建物から個別住宅まで幅広く対応できます。従来の建物点検とちがい足場を組む必要がないため、早く、安価に点検できます。

人手では難しい危険な場所や赤外線カメラによる隠れた場所の点検もでき、またご自身でデータを確認できる、より確実な点検方法です。

「見える化点検」はDPA認定資格を持つプロが操縦し、100棟以上の豊富な実績を持つため、任せて安心です。

資格を持つプロが点検を行います

足場を組んで、職人が屋根に上ってしていた調査を、「見える化点検」ではドローンを使って的確に修繕個所を確認できるため、安心して工事の発注をすることができます。

それにより、外からでは分からない建物の劣化や水漏れの有無なども簡単に確認することができます。